感応寺
トップページ > 葬儀 供養
感応寺墓苑「供養」をご希望の方はこちら
永代供養塔

感応寺は世田谷区上馬の閑静な住宅街にある浄土宗のお寺です。
限られた敷地には豊かな緑と御茶室そして木造の本堂があり、対照的に近代的な会館を併設しています。

当寺は、徳川家康公有縁の将軍地蔵尊を祀り、二代将軍秀忠公の命により創建され、綱吉公の生母桂昌院様もご祈願をされ、本所の地にありました。しかし、第十七世誡厚法尼の代に関東大震災で堂宇焼失し、現在の上馬の地に本尊及び将軍地蔵尊をお移しし再建され、現在にいたっております。

当寺会館ではご葬儀や会食、本堂ではご法事や種々の行事をお勤めしています。

1Fホール【感応寺会館概要

1階式場着席収容人数  約50名
式場には常設祭壇があります。花祭壇や他の祭壇を飾ることもできます。
1階ホール収容人数(右写真)   約80名

2階集会室着席収容人数 48席
高い天窓から自然光が差し込む明るい部屋で、お通夜、初七日、ご法事後等、ごゆっくりお食事をしていただけます。

ページトップへ
葬儀・法事ご案内

感応寺では、お檀家様以外の方のお葬式やご法事も承っております。
霊園に墓地をお持ちの方、ご分家で未だ墓地をお持ちでない方、ご葬儀後のご法事や、お仏壇、お位牌の開眼等責任をもってお勤めいたします。
※葬儀社の指定はございませんが、葬儀社がお決まりでない場合はご紹介いたします。


ページトップへ
お葬式のお布施について

お布施は、基本的にお気持ちでお考え頂いております。施主様のご無理のない範囲で、一所懸命ご供養したと納得できる金額でお考えください。
ご葬儀の場合、目安として20万円くらいからお考え頂ければと思います。
ご葬儀のお布施は、通夜、葬儀式、初七日法要を合わせてお考えください。
あくまでも目安ですので、それ以下でも以上でもご相談の上お考えください。

お布施の考え方

お布施は、一般的な貨幣価値を基準とした相場や定価ではなく、施主様のお気持ちを基準としてお考え頂くものです。
お布施を納めることによる功徳を故人様にお送りする事が、ご供養の仕組みですから、この功徳が貨幣価値を基準としたものであるならば、お金持ちは多くの功徳を修め救われ、お金の無い方は功徳が修められず救われない事になってしまいます。
ですから、「20万円のお布施」は「20万円の功徳」では無く、同じ金額でも施主様のお気持ちが「安く済んだ」のであれば「安く済んだ」ご供養、「この位でいいだろう」であれば「この位でいいだろう」のご供養、「これ以上は無い」のであれば「これ以上は無い」ご供養となります。
同じ金額でも、施主様のお気持ちによって少々の功徳であったり、大きな功徳であったりします。

ページトップへ

プラスペット

お戒名は、故人様の人生を象徴し、そこからさらに仏道を進んでゆく名前です。
日頃よくお寺にお見えになるお檀家様などお付き合いの深い方の場合は、お人柄等を考え、仏教の意味を加えてお付けしています。
ご葬儀で初めて当寺にいらっしゃる場合は、ご遺族様に故人様のご趣味やお人柄等々をお伺いして考えています。
文字数が世間一般で沙汰されますが、所謂「お戒名」と言われる部分は2文字で、それ以外に道号や誉号、院号等がついて長い方で11文字くらいになります。
また、本来「お戒名料」という言葉はありません。お布施としてお考えください。

ページトップへ
いろいろなお葬式

お葬式を中心とするお通夜や四十九日までのご供養等の葬送儀礼には、それぞれの“意味”があります。
お読みするお経にも意味があります。そうした儀式やお経の意味を理解すれば、安全にいろいろなお葬式をする自由度が増します。
例えば、宗教儀礼を伴わない「お別れ会」は「告別式」の意味合いを果たすかもしれませんが「葬儀」の意味合いは持ちません。また、家族のみで行う家族葬は「葬儀」の意味合いは持ちますが「告別式」の意味合いは持ちません。
このように、意味を知らずに考えてしまうと、葬送の方法として手順が抜け落ちてしまいます。
意味を踏まえていれば、形を自由にする事ができます。

ページトップへ

いろいろなお葬式

2F会館近年、葬儀社様からご法事を頼まれるという事がたまにあります。葬儀社様の紹介で葬儀を行った僧侶が、寺院に所属していない僧侶で会館で葬儀を行ったものの法事を勤めるお寺が無いという事情によるものでした。こうした点では、後々のご法事や、お仏壇やお位牌の魂入れ等責任を以て当寺が承ります。

葬儀式用に使いやすく設計された会館の使用料等はお布施に含まれますのでご相談させていただきます。お檀家様、或いはお檀家様になられる場合は式場使用は無料です。また、常設祭壇をご使用の場合は祭壇使用料はかかりません。時間制限もありませんので、御会食等はごゆっくりしていただけます。(右写真:2階集会室)

お戒名に入れたい文字や、ご趣味やお仕事を考慮してのお戒名等、またご葬儀の中でのご希望、七日参りやお盆のご供養等、以後のご供養のご希望も直接当寺でご相談頂けます。

ご注意いただきたいこと

当寺会館をご使用の場合、日程に関しては、会館の空き状況や僧侶の予定等ある程度合わせて頂きくこともございます。
当寺会館をご使用の場合、火葬場併設の式場を使われる場合と比べて移動にマイクロバス等の費用がかかります。
当寺は駐車スペースがあまりありません。4〜5台は入れますが、お車でご参列の方には近隣のコインパーキングをご利用いただく事になるかもしれません。
宿泊設備はございませんので、お通夜の晩は当寺にお任せいただく形になります。

ページトップへ

よくあるご質問

Q:檀家になっていなくても、お寺でお葬式ができるのですか?

できます。当寺以外の会館や火葬場でのお葬式にもお伺いします。

Q:葬儀屋さんに頼む場合とどう違うのですか?

葬儀社様で僧侶ご紹介頂くという方法もありますが、そのご僧侶が寺院に属していない場合、後々のご法事をお寺でお勤めする事ができなかったり、ご葬儀と同じ僧侶を頼めないという事があります。
ご法事やお仏壇やお位牌の開眼等を考えますと、お寺に直接ご依頼された方が後々スムーズです。

Q:お寺でのお葬式って値段が高いと聞いたのですが本当ですか?

当寺で当寺の僧侶がお葬式をする場合、お布施の他に会館使用料等を頂いておりません。また、常設祭壇をご使用の場合などは、お布施以外の葬儀費用の部分で当寺の方がお安くなる可能性もあります。


ページトップへ
感応寺での供養
花ご縁のある気になっている方、親族の法要があったが諸事情で出席できなく、ご供養はしたいとお考えの方、友達や恩師のご供養、行方不明の方のご供養などご縁のあった方のご供養を受け付けております

感応寺にいらしてのご供養、住職が施主様の代理で行うご供養、施主様のご自宅にお伺いして行うご供養も承ります。

ページトップへ
感応寺での供養
当寺本堂にお越しいただきご供養をいたします。お電話かメールにてご予約の上お越しください。
メールでのご連絡の際「お名前」「ご希望日」「どのような方のご供養か」をご記入ください。

TEL03-5431-7676 午前8時〜24時まで

※月例法要でもご供養を承っておりますので、お問い合わせください。

ページトップへ
ご自宅で供養
ご自宅に僧侶が伺っての供養
僧侶が施主様のご自宅に伺ってご供養の法要をいたします。
ご供養の他、お仏壇やお位牌のご開眼、魂抜き、建物やお部屋のお清め、おはらい等も承ります。お電話でお問い合わせ、お申し込みください。
TEL03-5431-7676 午前8時〜24時まで
代理でのご供養
メールにてお申し込みいただき、お布施をお振り込みにてお納めください。
メールでご予約の方は下記必要事項をご記入の上お送りください。

迷惑メール対策などで受信/拒否設定をされている場合、返信メールがとどかないことがあります。24時間以内に返信がない場合は、設定を確認し再度メールいただくか、お電話にてご連絡ください。


 1.お申し込みのお名前
 2.ご住所 (さし障りのある方は市区町村までで結構です)
 3.生年月日
 4.ご供養する方のお名前またはお戒名、もしくは○○家先祖代々など
 5.ご命日
お申し込み後、住職から返信が無い場合はお手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ページトップへ
お布施について
決まった金額を設けておりません。金額は親御様ご自身でお考えの上お納めください。

ご供養料は「御布施(おふせ)」といいまして、当寺の考え方としては、寺の側から「いくら」と提示する趣旨のものでは無いと考えております。
無理のない範囲で「精一杯ご供養できた」と思える程度、「安く済んで良かった」という思いが起こらない程度とお考えください。
「高く納め過ぎた」「安くできた」という心が起こった場合には、ご供養になりません。
どうしても、考えられない方は目安として来寺供養の場合1霊様10,000円程度とお考えください。実際には5,000円から50,000円位の間でお納めの方が多ございます。
ページトップへ

お魂入れ・お魂抜き
お位牌やお仏壇は新しく作られた時はお魂入れ、お引っ越し等の際はお魂抜きと引っ越し後にお魂入れをいたします。お位牌やお仏壇にご先祖の魂を直接入れると言う事ではありませんが、お参りしご供養した功徳を送るために心を懸ける設備とお考えください。喩えるならば、電話機のようなもので、お魂入れお魂抜きは回線工事とお考えください。

また、お位牌は決まった形のものではなくとも、ご命日とお戒名が刻まれていてお魂入れをすればなんでもお位牌となります。お位牌についてご不明な点があればご相談ください。
 当寺でも、ご自宅に出張しての儀式も承ります。
お布施はお気持ちですが、諸準備がありますので30,000円くらいからお考えください。
ページトップへ

人形供養

人や生き物の形をし、家の中で愛用したぬいぐるみや人形には魂ではありませんが、精や念といわれる人の気持ちが残ると考えられてきました。無碍に捨てるよりは、感謝の気持ちを込めて精抜きの作法をしお焚き上げをしてあげてください。
三辺合計1メートル以内の可燃物ひと箱、5,000円からでお願いいたします。
不燃物や大きなものは、ご供養、精抜きの作法後にお返しいたします。
ページトップへ

トップページへ 地図